いいいいいいづなマガジン

トップライターこまつはるなあなたの痛い!を和らげる「運動療法のススメ!」講座
トップいいいいいいづなマガジンあなたの痛い!を和らげる「運動療法のススメ!」講座

あなたの痛い!を和らげる「運動療法のススメ!」講座

写真1.jpg

寒い冬が続きますね。コロナ禍も手伝って運動不足になるこの頃、どこか体の痛いところはありませんか?
そんな方たちのための「運動療法のススメ!」講座が、好評だった昨年に続き、今年も開催されました。
2021年1月24日に行われたこちらの講座の様子を、私こまつはるながレポートしたいと思います。

写真2.jpg

今回は、体のどこかに痛みを抱えている方のための講座です。受付のあと参加者はまず、足首、肩甲骨、股関節など、痛み別に分かれて椅子に座ります。
私は腰痛の席へ。周りを見回すとある程度ご高齢の方も多く、まあそこまでキツイことはないだろうとタカをくくっておりました。このあと何が待ち構えているかも知らずに……。

講師の宮下修先生は、佐久にある雨宮病院で理学療法士として活動されています。普段から病院内で体操教室などを開いていたりと経験豊富なんです。

写真3.jpg

まずは前屈などをして、自分の体がどの程度硬いかを感じます。
「今の時点でどこまで体が曲がるか覚えておいてください。体を動かしたあと、どのくらい体が柔らかくなったかまた見てみましょう」と参加者に伝える宮下先生。

そして体操が始まりました。まずは血流を良くする運動からです。

宮下先生「大きく動かすことが大事ですよ〜」

写真4.jpg

写真5.jpg

大きく動かしたら腹が出てしまいました。てへ。

次に緑のゴムを使ったストレッチです。これがキツイ。日頃の運動不足のせいですね。

写真1.jpg

ため息が漏れ出てしまっています。
いくつかこの「キツイ緑のゴム」(こまつ勝手に命名)を使った運動を習ったのち、音楽にのせてもう一度。聞きなじみのある曲に合わせて運動できるので、ツラいけど楽しいです。私のお気に入りは3つ目の「サタデーナイトフィーバー」な動きのエクササイズです。

それからボールのエクササイズ。先生は軽くやっていますが、私の動きはぎこちなさすぎです。
やり続ければできるようになるのかな。

特にこちら。ただボールの上に足を乗せているように見えますが、先生のカウントに合わせてボールを下に押して戻すよう指示されています。でも全くできないのです。自分の股関節の筋肉の弱さを実感しています。ここが弱いから腰がすぐ痛くなるんだなぁ。

その後はお悩み別の指導です。「股関節が弱いグループ」の私たちは、寝転がって行う運動を教えてもらいました。横向きになり、膝を上げる運動です。お尻があまり動かないように膝を上げるのは練習が必要です。これにより股関節周りが強くなるのだとか。

写真6.jpg

腹筋のエクササイズで若干険しい表情のこまつ

写真7.jpg

最後に前屈などで体の硬さを調べます。おお、最初より体が柔らかくなっている! そして体も軽くなっている気がします。
効果が実感できたところで、講座は終了です。1時間があっという間でした。

写真8.jpg

講座の後は、質問タイムです。さまざまな痛みを抱えた参加者さんに個別にアドバイス。

写真9.jpg

こちらの方は、膝の痛みを和らげる体操についての指導を受けています。
「今日は個別に聞きたいことが聞けるとのことで夫婦で参加しました。膝の痛みについてアドバイスが聞けたのでとても満足です」とご主人。

奥様は「私は冷え性と腰の痛みをかかえていました。どういう運動をすると緩和できるか実際に教えてもらえて良かったです」と

写真10.jpg

そしてあの「キツイ緑のゴム」を何とご自宅用に購入された70代の女性にもお話を聞きました。
「今日の講座はとっても満足。ずっとりんご農家をやってたでしょ、腰痛で入院したこともあるんです。でも今は毎日体操をやっているからそんなに痛みもなく毎日やれているの。こういう体を動かせる講座に参加するのは大好きよ〜」
素敵です。

写真1.jpg

最後に宮下先生にお話を伺いました。

「いろいろ体操があるけれど、どういう風にやるかが重要なんです」

それって具体的にどういうことですか?

「まずは自分に合ったものを選ぶこと。その自分に合った体操とは、その体操をした後に自分の体の動きが良くなるものです」

今日、自分に合った体操を教えてもらって体操後に体の軽さを実感しています。

「そして特に大事なのが良い姿勢でやることです。体を前後左右まっすぐにして正しい姿勢でやらないと、逆に体を痛めたりしてしまうんです」

確かに、講座中何度も良い姿勢でやるよう言われていましたね!

「最後に、大きな動きでやること。そうすれば血流が良くなって効果が大きくなります」

なるほど。でもこの大きな動きとか、今日の途中の緑ゴムのエクササイズとか30代の私でもかなりキツかったです。参加者の方はご高齢の方もいたように思うのですが、大丈夫なんですか?

「私の方で皆さんの動きや表情をよく見て、無理をしている人がいないか心拍数が上がっている人はいないかをいつもチェックしているんですよ」

見てくれているのか〜。安心ですね。さすがプロ。

「運動療法の講座では、効果を実感してもらうこと、そして楽しんでもらうことを大事にしています。なので途中、皆さんになじみのある曲をかけたんです。楽しみながら運動すると継続しますからね。まあ今日は年齢層の幅が広くてどの曲をかけるか迷いましたけど(笑)」

写真11.jpg

今日の講座では、講座が終わった後も、参加者の皆さんがワイワイとお話している姿が印象的でした。
体の痛みって誰しも少なからず抱えているから、知らない同士でも自然と話に花が咲きますよね。体だけでなく心までイキイキできる効果もあるんだなーと感じました。コロナで引きこもりがちな時期だからこそ、こういった少人数のイベントをうまく活用したいですね。

来年には、いいづなコネクトWEST内にジムができるそうです。飯綱町民がますます健康になると良いですね。

カテゴリー

イベントカレンダー

カレンダー

Instagramいいづな映え

    もっと見る