いいいいいいづなマガジン

トップいいいいいいづなマガジン飯綱町産のそばを絶景とともに味わう

飯綱町産のそばを絶景とともに味わう

信州といえば、そば。なかでも戸隠そばは、日本三大そばのひとつにもなっています。

そばは、昼夜の寒暖差の大きい冷涼な土地を好み、信州でも多く栽培されています。しかし、霜には弱いという弱点があるそうです。
新潟の妙高から長野の黒姫、戸隠、そして飯綱のあたりは霧下地帯と呼ばれ、夏の終わりから秋の朝になると、霧が立ち込めるエリアです。この時期は、飯綱町も高台から眺めると町全体が霧にすっぽりと覆われ、とても幻想的な風景が見られます。
そばを霜から守ってくれているのが、この霧。霧のベールでやさしく守られたそばは風味豊かで栄養価が高く、霧下そばと呼ばれ、美味しいそばの代名詞となっているのです。

今回は、おいしいそばが出来る飯綱町の中で、町内外から愛されるおそば屋さんをご紹介します。

こだわりいっぱいのそば

飯綱山のふもとに店を構える「地場産工房 そば処 よこ亭」は、自家栽培している飯綱町産のそば粉だけを使っています。その日に使う分だけを石臼で挽いて手打ちしているので、口の中にそばの香りが広がります。豆から挽いて淹れたコーヒーが香り高くなるように、そばも挽きたてが一番!

soba_1.jpg

よこ亭を経営する(有)飯綱町ふるさと振興公社の平塚慶吾さんは、いかにお客さまに喜んでいただけるかを念頭に、日々美味しいそばを探求していると語ります。

「そばが美味しい季節は1月下旬から2月の初旬くらいまで。春先からだんだん香りも甘みもなくなってしまいます」

そばの美味しい状態を保つためには、どうしたらいいか、全国を巡って試行錯誤を繰り返したと平塚さん。
「冷蔵庫で保存してみたこともあるけど、乾燥して香りが飛んでしまってダメでした。最終的にたどりついたのが、雪室です。雪室は一定の温度と湿度を保つので、低温糖化といって、凍らないようにそばががんばって、甘みを増すんですね。

信濃1号というそばは、香り高いことが特長なので、ぜひ、香りを味わっていただきたいです。1年を通して美味しいそばを提供したいと思っています」

soba_2.jpg

同じ長野県内で、いまや村の特産品となった小谷村の雪中キャベツも、低温糖化の働きを活用したものです。
そばが自力で甘くなるとは、どんな味わいなのか、わくわくします。

おいしいそばと一緒に楽しめる飯綱町の絶景

この日にいただいたのは、野菜天ざるそば(1,050円)。天ぷらの野菜は、県道を挟んで店の向かいにある「横手直売所 四季菜」で扱っている地元産のもの。つまり、すべてが飯綱産という地産地消メニューなのです。

冷たい水で締めたそばをすすって顔を上げると、目前には飯綱町、さらに奥にそびえる志賀高原の山々、菅平高原まで見渡せます。こんな景色を眺めながら食べるそばは、絶品としか言いようがありません。
晴れの日はもちろん、霧の日も見てみたい。四季折々の景色とともにそばをいただけるなんて、なんとも贅沢!
観光で訪れたお客さんだけでなく、近所で美味しいそばが食べられると、地元のお客さんも多いというのも納得です。

soba_3.jpg

天ぷらを食べ進めると、見慣れない白っぽい揚げ物が。ひと口かじってみると、なんとりんご! これが意外にも、爽やかな甘みが口直しになって、そばつゆにも合うのです。さすがりんごの町、そばにりんごとは、驚かれる人も多いのではないでしょうか。しかし、けっこうこのあたりでは、りんごを天ぷらにすることが珍しくないとか。いったいどんな料理とコラボしているのか、見つけてみるのも楽しいかもしれません。

平塚さんは、「これからは単なるそば屋ではなく、食べる、見る、体験する、買い物する……とさまざまに楽しんでもらいたい」と将来の展望を熱く語ってくれました。
店の裏には広い駐車場がありますが、この駐車場からの眺めは、ついついSNSにアップしたくなる飯綱町でも屈指のビューポイント。まさに飯綱町を丸ごと味わえるお店です。

掲載スポット情報
よこ亭:http://www.valley.ne.jp/~mureson/yoko/yoko.html

カテゴリー

地図

イベントカレンダー

カレンダー

Instagramいいづな映え

    もっと見る