巡り合ったこの場所で

北野浩康さん 華奈さん

北海道出身の浩康さんと東京都出身の華奈さん夫婦。お二人は、飯綱町の高台にある福井団地の一角、物静かなこの地域で、南インド定食「ミールス」やチャイ、焼き菓子などを提供するお店「モンマルシメ」を営んでいます。「ミールス」とは、スパイスの効いた多種多様なおかずとご飯を和えて食べる料理で、ココナッツや豆、野菜などをふんだんに使った南インドの定番ランチです。日本では珍しいこの料理に惹かれた県内外の人が噂を聞いて訪れています。

そんなお二人の移住のきっかけは、華奈さんのご両親が飯綱町と東京の二拠点生活をしていたことにあります。東京のIT関連会社に勤めていたお二人は、いずれは自然が豊かな地域で暮らしたいと考えていました。結婚して数年後、海外旅行が好きだった二人は退職を決意し、2年間の海外旅行へと出かけました。そこで出会ったのが、南インド定食の「ミールス」でした。本場のおいしさに衝撃を受けた二人は、帰国後も南インド料理のお店で修業をすることに。その後、山梨のレストランで働き、自然が身近にある暮らしに惹かれ、いずれは自分たちのお店をもちたいと思うようになりました。スキーなどで長野に来ていた時、飯綱町の家に訪れていたお二人は、「自分たちのペースを大切にお店をやっていけたら、ここもいいかもしれないと思ったんです」と当時を振り返ります。
2015年、ついに「モンマルシメ」をオープンするに至りました。「ゆったりとした空間で、緩やかな時間の流れるお店であれたら」と笑顔で話します。「南インド料理なのですが、使う食材はできるだけ地元のものを使うようにしています。昨年からは、近くに農地を借り、料理に使う野菜などを自家栽培しているんです」お休みの日は畑仕事に買出し、仕込みと忙しく、「ゆっくりやってるつもりなんですけど、なんだかつい忙しくなっちゃうんですよね」と、自然に寄り添った暮らしを満喫するお二人です。

 

 

MON marushime(モンマルシメ)
Adress:長野県上水内郡飯綱町豊野1752
http://monmarushime.com/